家族の伝統と現代の暮らしを両立した家

DATA

所在地
筑後市
物件価格
非公開
リノベ費用
2,300万円
管理費+修繕積立金
なし
築年月
不明
広さ
159.6㎡
間取り
4LDK+土間
祖父の代から米屋を営む一家が暮らすお宅は、代々の当主が愛情を注いできた古民家でした。

大きな梁や土間がある「日本人の原風景」とも言えるようなお宅でしたが、小さな子どもを育てる若夫婦が暮らすには、気になる点が多いお宅でした。

そこで、和室中心だった間取りを現代の暮らしに合わせつつ、友達や親戚が集まった時でも広々と使える位置に広縁など和のゾーンを配置。

改装前のお宅で使われていた意匠性のある部材を各所で使ったことで、家族の伝統と現代の暮らしが見事にマッチした空間となりました。
BEFORE
AFTER