人生をデザインする。
人生をデザインする。

その予算でホントに大丈夫?

現在、マイホームを探している田中さんファミリーが、
はぴりの!のもとへ相談にやってきました。
まずは大切な「お金の話」から、はじめていきましょう。

登場人物紹介
はぴりの

いきなりお金の話で恐縮ですが、
田中さんはご予算をどのくらいで
考えられていますか?

ご主人

私の年収は400万円なんですが、
先日新築マンションを見に行った際に
シミュレーションをしてもらい、
4,000万円までOKって言われました。
なので、予算はそのくらいで考えています。

はぴりの

確かに今は金利が低いですし、
田中さんの年収でしたら、
借りられる上限額はそのくらいだと思います。

ですが、4,000万円も借りたら、
ローンの支払いだけで月々14万円、
その他のコストも含めると、
家計が大変なことになりますよ。

もっと詳しく (クリック!)

現在は金利が低いので、銀行によっては年収の10倍近くまで貸してくれることがあります。しかし、以前は「住宅ローンは年収の6倍まで」と言われていました。

将来の安心のためには、自分が「借りられる額」を予算にするのではなく、実際の生活費から逆算し、いくらだったら支払いに無理がないかを考えることが大切です。

ハウスメーカーやデベロッパーによっては、いまでも「借りられる額」を予算として説明する会社もあるようですが、絶対に「無理をしないこと」が、人生を楽しむための秘訣です。

奥さま

月々の生活費は私が管理しているんですけど、
家の支払いは、駐車場代や管理費・修繕費も入れて、
月々8万円くらいだとうれしいです。

はぴりの

いい考えだと思います。
そこから逆算すると、月々の支払いだけなら
予算は1,920万円くらい。
ボーナス時期に10万円ずつ加算すると、
2,520万円くらいが総予算になりますね。

もっと詳しく (クリック!)

予算の総額が決まると、その後の「物件の選び方」も見えてきます。

例えば総額2,000万円の場合、物件費1,000万円、改装費850万円、諸経費150万円という設定もあれば、物件費1,700万円、改装費100万円、諸経費200万円という設定もあります。

逆に言うと、お客さま自身の考えが「フルリノベーションで、内装を好きにしたい」のであれば、物件価格を抑える(立地や広さを妥協する)必要がありますし、「内装は妥協しても、エリアは譲れない」のであれば、改装費を抑える必要があります。

はぴりの!では、すべてのお客さまにフルリノベーションをオススメしている訳ではありません。無理のない予算内で「理想のマイホームを実現する」ために、お客さまの希望をしっかりヒアリングさせて頂き、適切な予算配分をご提案しています。

ご主人

物件の費用だけじゃなくて、
購入時の費用も含めて借入するつもりだったから、
これで実際のマイホーム探しの予算が見えてきました。

はぴりの

物件の購入時には仲介手数料だけでなく、
銀行や保証会社の手数料、登記費用、
火災保険の代金などで物件価格のおよそ
10~15%くらいの諸経費がかかります。

はぴりの!では、それらも含めて資金計画をさせて頂くので、
まずは予算をしっかり把握することからスタートしましょうね。

第2話 
管理費と修繕費は安いほうがいい?
はぴりの!スタッフ
はぴりの!スタッフ

中古+リノベをワンストップでお手伝い

はぴりの!は、資金計画から物件探し、
リノベーションのプランから工事まで、
お客さまのマイホーム購入を
ワンストップでお手伝いします。
まずはお近くの店舗までお問い合わせください。

福岡本店

TEL.092-980-1100

福岡市南区大楠1-5-10

北九州支店

TEL.093-863-9151

北九州市若松区本町1-10-17 HMデザイン内

久留米営業所

TEL.0942-55-2093

久留米市通町105-8